三國神社からのお知らせ
   
   
【楼門(随身門の】改修について
 

 神社永年の懸案であった随身門の屋根葺き替え工事が平成16年12月無事完了しました。
 この随身門の屋根は嶺北地方では珍しい桧皮葺きでしたが、材料難や今後の維持管理のことも考慮して、このたび銅版葺きに改めました。この際、もとの桧皮葺きの形を極力引き継ぐよう努めました。
 また、これを機に建設後103年の間に生じた軒のたれを回復する措置もとられました。

   
【謂れ書きの設置】
 

 この度、三国湊魅力づくりプロジェクト実行委員会のご協力を得て、神社境内に2基の謂れ書きが設置されました。
 しゃく谷石を土台とした格調の高いもので、三國神社と随身門の解説が刻まれております。また、漢字にルビをふったり、英字訳も取り入れて国際化に備えております。
 神社へお越しの折は是非ご覧ください。